教室で失敗を嫌う日本人ですが、これは成長へのチャンスでもあるのです。そして、それは語学の学習で顕著になります。

世界が広がる!語学の教室選び方ガイド
世界が広がる!語学の教室選び方ガイド

語学を中心に、教室での失敗は成長するチャンスになる

「恥の文化」日本にはそのようなものがあるようです。

これに関係してか、日本では失敗することを極端に嫌う傾向があると思います。
失敗して恥ずかしい思いをするくらいだったら、わからないままにしておいた方がいい。そのような考えを持っている人も多いのではないでしょうか。常に教室の雰囲気を気にして、なるべく波風が立たないようにする傾向があると思います。
かく言う私も、そんな考えをしてしまうことも多く、自分でも変えていかなければならないと思っております。

これが顕著に表れるのが、語学の勉強だと思います。
以前、海外に滞在していたとき語学学校に通っていたことがありましたが、日本人の考え方ではなかなか上達しないのではないかと感じました。
私以外のクラスメートは皆外国人でしたが、とにかくチャレンジする。なるべく多くの表現を使おうとし、間違えを恐れずに発言している印象がありました。
一方の私は、なるべく短く、間違えないように発言することを心がけていました。
小さい差に見えるかもしれませんが、長く続けていけば自然と多いな差になって現れます。

間違えることは自分が成長できることの裏返しであるとも考えることができます。
それを考えれば、多くの失敗をした方が、より成長することができるのではないでしょうか。失敗することを「恥」と考えるのではなく、成長するチャンスだととらえることが、語学の学習に限らず、多くのことに共通する、成功への近道なのかもしれませんね。

Copyright 2017 世界が広がる!語学の教室選び方ガイド All Rights Reserved.